>

自宅や職場の最寄りのショップを確認しておく

持ち込まれる不良の主な症状は?

店舗へ持ち込まれる不良で修理を依頼が最も多いのはフロントパネルのガラスの交換だそうです。
うっかり落としてしまったり、ドアに挟んでしまったりすると、スマホカバーで保護しきれない場合があります。
部品代金と修理作業代を合わせると、iPhoneで7000円くらい、androidだと15000円~45000円くらいで、作業時間はおよそ一時間程度です。

また、長い期間使っていると、充電しても電池の減りが早くなってきます。
充電の回数も増えますので、外出などで充電できる環境にいない場合は心配ですね。
バッテリーの交換は7500円~20000円程度で、作業時間も30分から1時間程度です。

正規版の充電ケーブルを使用しなかったり、簡易充電器(乾電池式のものなど)充電をしていると、正常に充電できなくなることもあります。
この場合はドックコネクターの交換が必要で、費用は5000円~18000円くらいかかります。

やってしまった!水没事故

パンツのお尻のポケットにスマホを入れておいて、うっかりトイレで水没、経験ありませんか。
トイレに落ちたので、焦って洗ってしまってアウトになることもあります。
無理に電源を入れたりせず、すぐに修理に出すか、サポートに問い合わせしましょう。
時間が経つと復旧も難しくなります。

しかし、運よく復旧したとしても、一度水の入ってしまったスマホはどうしても障害が出ることが多くなります。
予定よりも早く機種変更などの時期がやって来てしまうことを覚悟しておく方が良いでしょう。

職業柄、水に触れてしまう作業をする方もいらっしゃるため、防水機能のあるスマホも増えてきています。
水没させてしまう恐れのある方は、そういった機種を選ばれるのも良いかと思います。
ただし、防水といっても、スマホは精密機械ですので、不純物の混ざった水に浸かってしまった場合、それが故障の原因となる場合もあります。
いずれにせよ、注意は必要です。


この記事をシェアする